川崎市中原区フレッツ光インターネット接続の受け付け(かわさきしなかはらく)

株式会社NEXT < NTT東日本販売代理店 > 代理店コード:1015353811

川崎市中原区(かわさきしなかはらく)フレッツ光インターネット接続 提供エリア判定結果

川崎市中原区フレッツ光のサービス状況です。
川崎市中原区(かわさきしなかはらく)はフレッツ光のサービス対象エリアですが川崎市中原区(かわさきしなかはらく)であってもフレッツ光をご利用になれない地区がございます。
フレッツ光ご利用ご希望のお客様はお気軽にお問合せください。

川崎市中原区(かわさきしなかはらく)でフレッツ光を始めよう!フレッツ光は高速・定額使い放題のインターネット。サクサク快適にご利用できます。川崎市中原区(かわさきしなかはらく)はNTT東日本のフレッツ光インターネット接続サービスです。フレッツ光の最大速度は1Gbpsです。川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のフレッツ光インターネット接続お申込み受付中!

☞ 注意事項を表示/非表示

川崎市中原区フレッツ光の提供エリアについて
※川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のフレッツ光は行政区内の一部エリアでの提供となります。なお、提供エリアであっても、NTT東日本の設備状況などにより、フレッツ光インターネット接続のご利用をお待ちいただいたり、ご利用いただけない場合があります。
提供エリアは随時更新されますので、お気軽にお問い合わせください。オペレーターがお調べいたします。
【フレッツ光について】
※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光プレミアム」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。
※インターネットのご利用にはフレッツ光の契約に加え、プロバイダとの契約が必要です(別途月額利用料などがかかります)。
【通信速度について】
※川崎市中原区(かわさきしなかはらく)で、最大1Gbpsの光サービスをご利用の場合。最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。インターネットご利用時の速度は、ご利用環境により低下する場合があります。

川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のフレッツ光インターネット接続

川崎市中原区(かわさきしなかはらく)は、NTT東日本の フレッツ光インターネット接続サービス 提供エリアです。

川崎市中原区からのお申し込みはこちらから
電話からのお申し込み:0120-239-116
受付時間:10:00~20:00(土日祝 可)

【フレッツ光の提供エリアについて】
※川崎市中原区(かわさきしなかはらく)行政区内の一部エリアでの提供となります。なお、提供エリアであっても、NTT東日本の設備状況などにより、フレッツ光インターネット接続のご利用をお待ちいただいたり、ご利用いただけない場合があります。

【未提供エリアについて】
※当結果は、[平成27年8月6日]時点のものです。未提供エリアの場合におきましても、提供エリアが拡大され、川崎市中原区(かわさきしなかはらく)が提供エリアとなっている場合があります。提供エリアは随時更新されますので、お気軽にお問い合わせください。オペレーターがお調べいたします。

フレッツ光(インターネット)のご利用料金

川崎市中原区でフレッツ光のインターネットをご利用のお客様は、以下より、お建物をお選びください。

川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のフレッツ光の戸建て 川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のフレッツ光の集合住宅

【解説】
戸建てのイメージ:川崎市中原区(かわさきしなかはらく)の一戸建て、一軒屋、単独ビル、工場、など。
集合住宅のイメージ:川崎市中原区(かわさきしなかはらく)のマンション、アパート(ハイツ・コーポ)、学生寮、社員寮、など。

※集合住宅であっても、フレッツ光マンションタイプの設備がない場合は、戸建て向け(ファミリータイプ)のご案内となります。
※マンションタイプの設備の有無は、お申込み時に川崎市中原区のご住所(お建物)から判別いたします。

フレッツ光(オプションサービス)のご案内

川崎市中原区でフレッツ光のオプションサービス をご利用のお客様は こちら

フレッツ光(プロバイダ)のご案内

川崎市中原区でフレッツ光のプロバイダ をご利用希望のお客様は こちら

フレッツ光インターネット接続について

毎月のフレッツ光月額費を抑えたいのであれば、ギガラインほどの通信スピードを要していない場合、フレッツ光ハイスピードのプラン加入がポイントです。
ハイスピードはギガラインより通信スピードが100Mbpsと10分の1程度ですがそのかわり月額費は比較すると安く設定されています。
ギガラインかハイスピードかを選ぶ時は自分がどれほどの通信速度を必要とするか、契約者の利用状況によりメリットが変わってきます。